能術

セルフコーチングで達成する「なりたい自分」とそのやり方③

自分自身をコーチングする意味

自分自身をコーチングすると、一体どんなことが得られるのでしょうか。誰かしっかりとした指導者について貰い、指導を受けたほうが間違わず早いのではと考える人もいるでしょう。

しかし、自分自身について、もっとも理解し、知識を持っているのは、自分なのです。

それを踏まえて自分自身と向き合い、自分がどういう人間なのかを考え、見つめることで、自ら気付きを得て必要な行動に取り組み、自分自身が何者なのかを明確化することは、自分という存在の専門家になることに他なりません。

教育課程の中で指導者からの指導を受けて来た多くの人は、自分自身と真剣に向き合って、自分が何者なのかを考えた経験がほとんどありません。

そのため、誰よりも自分が自分を知っているべきであるのに、自分についてわからないことが多すぎるのです。

セルフコーチングは自分と向き合い、丁寧に分析して理解することで、今まで見えなかった自分の中の世界に気付き、可能性を引き出して生き方自体を変える手法といえます。

(つづく)

カテゴリー

PAGE TOP